アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グロスティックテクニック



このテクニックの詳細については不明ですがネット上を検索してみると、レントゲンを元に「より少ない力でより効果的」なアジャストを追求した結果、グロスティック博士によって新しいレントゲン分析法が考案されたとあります。Dr.パーマーのHIO学説が元になっているようです。

ターグルリコイルテクニックは、Dr B.J. パーマー(Bartlett Josha Palmer) 1882-1961により確立されました。レントゲンをいち早く導入するなど、約30年の歳月をかけて完成したHIO (ホールインワン)学説に基ずくテクニックです。サブラクセーションは主に環椎(第1頚椎)に起こりそれを正すことで神経系の機能が正常化すると考えます。サイドポスチャー・スタイル、ニーチェスト・スタイルなどがあります。ターグルリコイルテクニックは、カイロプラクティック発祥のパーマー大学でもテクニック課程のはじめに教えられています。シンプルなテクニックですが奥が深く、正確な方向と接触、そしてスピードが要求されると言われています。

スポンサーサイト
  • Tag :
  • グロスティック
  • ホールインワン
  • HIO
  • 上部頸椎
  • BJ
  • パーマー
  • 環椎
  • 軸椎
  • スペシフィック

上部頚椎バイオメカニックテクニック




上部頚椎バイオメカニックテクニックは、カイロプラクティックの創始者D.D.パーマーの息子B.J.パーマーが行っていた、上部頚椎のテクニックであるホールインワンテクニックを、Dr.Amule D.C.が現代の神経生理学とコンピューターサーモグラフィーC-3000による分析とを合わせて研究し確立したテクニックです。その効果は非常にダイナミックであり、まさにカイロプラクティックの奇跡と呼べるような素晴らしい結果を出しています。この上部頚椎バイオメカニックテクニックを学ぶにはシオカワスクールインストラクターの指導のもとで、テクニックはもちろん、このテクニックを行うには欠かせない神経生理学・サーモグラフィーのリーディングやX-ray分析をふまえた講義を受ける必要があります。(シオカワスクールHPより引用)
  • Tag :
  • カイロプラクティック
  • アジャスト
  • 矯正
  • 動画
  • 上部頸椎
  • テクニック
  • 脊椎
  • サーモグラフィー
  • レントゲン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。