アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キネシオテープ(内側側副靱帯損傷)

内側側副靱帯(MCL)損傷に対するキネシオテープの利用法を紹介しています。キネシオテーピング法は、自然療法のひとつです。伸縮性のあるテープを痛いところや凝ったところなどに貼って、人間本来の自然治癒力を促進させ、障害を和らげたり治したりします。使用するテープは「キネシオテープ」と呼ばれ、一定の伸縮性と、カラダにフィットする粘着性があります。このテープの伸縮率は筋肉(皮膚)のそれと同じ30~40%に設計されていますので、別名「人工筋肉テープ」とも呼ばれます。

十字靱帯損傷などの合併損傷がないかぎり、保存的治療を行います。ギプスを巻きます。4週程度の固定でその後、専用のサポーターをつけて、四頭筋訓練を開始します。スポーツは6-8週で復帰できます。激しいスポーツを行う方や、著しい不安定性がある方は単純縫合することもあります

  • Tag :
  • キネシオテープ
  • テクニック
  • カイロプラクティック
  • アジャスト
  • 頸椎
  • 胸椎
  • 腰椎
  • 骨盤
  • 動画
  • 内側側副靱帯損傷

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。