アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラストンテクニック 2



グラストンテクニックは膝関節(しつかんせつ)手術後の瘢痕組織のより効果的な方法の必要性から開発されました。それが開発された80年代中頃以来、グラストンテクニックは、様々なカテゴリーの軟部組織の機能不全と外傷のマネジメントに効果的であることが証明されてきています。よくみられる適応例としては、急性・慢性の靱帯/筋損傷、繰り返す筋肉損傷、筋筋膜トリガーポイント、瘢痕/繊維組織、リンパ水腫の減少などがあげられます。治療の中心をなすのは6つの手術用ステンレススチールで作られた精密な器具です。それぞれの器具は、触診と治療のために様々な身体の部位の輪郭に合わせてデザインされています。器具を使った軟部組織モビリゼーションであるグラストンテクニックは、総合的な治療アプローチの一部です。グラストンテクニックの基本的な構成要素には、ウォームアップ、器具で補助された軟部組織モビリゼーション、その後に行われるターゲットを絞ったストレッチと強化エクササイズプログラムが含まれます。そして最後にクライオセラピー(冷却療法)です。
  • Tag :
  • カイロプラクティック
  • アジャスト
  • 矯正
  • 骨盤
  • 腰椎
  • 胸椎
  • 頸椎
  • グラストンテクニック
  • 動画
  • テクニック

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。